忍者ブログ

リウマチとキャッツクロー

リウマチとキャッツクローについて説明しています

[PR]

×

[PR]上記の広告は3ヶ月以上新規記事投稿のないブログに表示されています。新しい記事を書く事で広告が消えます。

コメント

現在、新しいコメントを受け付けない設定になっています。

リウマチの原因

リウマチの語源がギリシャ語の「流れ」であることはよく知られています。古代ギリシャでは、リウマチとは、有害な液体が脳から全身に流れ、関節などにたまって痛みを起こす病気であると考えられていました。この学説そのものは今日の医学的常識とはまったく異なりますが、イメージとしては後世まで影響を及ぼしました。日本リウマチ友の会の機関誌名『流』は、いうまでもなくこの語源に由来しています。

リウマチの原因は「自己免疫疾患」と言われています。人間の体に悁わっている免疫システムは、異物が体のなかにはいってきたときに反応して体を守る働きをしていますが、このとき、異物に対しては攻撃を加えますが、自分の体には攻撃をしないというように、自己と非自己をきちんと区別しています。
ところが、何かの拍子にこの免疫システムに狂いが生じると、自分の体まで攻撃するようになります。

自分の体を構成している細胞やタンパク質を非自己と錯覚し、それに対して抗体をつくって抗原抗体反応を起こしてしまうのです。

このように、免疫細胞が自分の体を攻撃することから生じる病気を、「自己免疫疾患」といいます。
PR

コメント

現在、新しいコメントを受け付けない設定になっています。

プロフィール

HN:
moncafe
性別:
非公開