忍者ブログ

リウマチとキャッツクロー

リウマチとキャッツクローについて説明しています

[PR]

×

[PR]上記の広告は3ヶ月以上新規記事投稿のないブログに表示されています。新しい記事を書く事で広告が消えます。

リウマチの定期検査を受けましょう

リウマチ薬もさまざまな副作用をともないます。なかには重い副作用もあるので、いかに対処するかは重要な問題です。
薬の副作用は「防ぐ」ではなく「対処する」と考えるほうが現実的です。そのために気をつけたいこととしては、医師に指示された服用法を厳守し、勝手に中止したり、増量したりしないことです。
そして、重い副作用を早く発見するために、体重や血圧、血糖、コレステロールなどのリウマチの定期検査は、面倒くさがらずに必ず受けるようにしましよう。薬の副作用は、このリウマチの定期検査によってほぼチェックできます。

なかには副作用が心配になって、医師に相談することもなく、勝手に使用量を減らしてしまう患者さんもいるようですが、これはとても危険なことです。薬剤治療をやめたい場合には、必ず医師に相談してからでなくてはなりません。

また、もうひとつよくあるのは、薬の飲み忘れです。万一、服用を忘れてしまった場合も、医師に報告するようにしましょう。医師はしっかりと薬を飲んでいることを前提にリウマチの検査や診察をしているので、飲み忘れを報告しなければ、薬の効果がないと判断し、処方を変えることにもつながりかねません。
PR

キャッツクロー

医者からリウマチですねと言われたときは思わず頭の中が真っ白になりました。

注射、薬、運動療法などで改善に向かいましたが、右ひざの痛みだけはよくなりませんでした。

そのうち右ヒザに水がたまり、病院で水を抜いてもらいすぐに水がたまる始末。いつか右ヒザの状態はボロボロになりました。

約1年前から
キャッツクロー サポートデラックスを飲み始めたのも少しでもヒザの状態がよくなればとの願いからでした。

私は1日3回に分けて3カプセル飲むようにしました。

2ヶ月たっても効果は出てきませんでしたが、ここでやめたら、これまで飲んできたことが無になってしまうこと思い、つづけることにしました。

そのかいあってか半年後には右ヒザの痛みがずいぶん軽くなってきました。

リウマチ検査でも数値が0になったのです。

これでリウマチの心配はありませんよといわれたときはのいまでも忘れません。

1年半後には右ヒザの痛みはほぼ消えました。

いまでもキャッツクローサポートデラックスを飲んでるおかげで、リウマチの心配はありません。

ほんとうに、すばらしいハーブと出会えて感謝しております。

リウマチ 食事

リウマチの食事の効果については多くの研究がありますが、なかなか一定の見解が示されるものはありません。
ある研究者は・・がいい、と言って、他の研究者が同じ研究をしても同じ結果とはならない、ということがあります。しかし、ある程度正しいと認められているものがあります。
それは、オリーブオイル、魚の脂の効果です。
もちろんこれらによって、リウマチが治るとか、薬が要らなくなるというわけではありませんが、補助的な治療の一つと考えてもいいと思います。

リウマチと薬

病気が治リ、もとの健康な状態に戻った状態を全快、完治、治癒などといいます
対して、医療ではよく「寛解」という表現を用います。寛解は病気の症状が消失して、検査をしても健常者と同じ数値になることをいいます。寛解しても治療を止めると、また症状が出てくることがあり、医学では全快とは区別して使います。要するに治療によって病気をコントロールできた状態が寛解です。
関節リウマチは古くから存在を知られ、治療もまた長い歴史を経ていますが、寛解は夢のまた夢でした。最初に治療薬として登場したのは柳です。古代エジプトのパピルスの文書に、特定の柳の皮を煎じて飲むと痛みが止まるという記述があります。リウマチの命名者ヒポクラテスは、この柳の薬を実際に関節リウマチの鎮痛に用いたようです。ローマ時代にも、柳の樹皮を煎じて飲むのが有効とされ、ヨーロッパでは近代に至るまで西洋白柳から作った薬が関節リウマチに処方されていました。現代医学の発祥の地としては、柳の皮ではいささか心もとないと思うのは早計です。

  リウマチの初期症状

即効性の高いキャッツクローの鎮痛効果

キャッツクローはリウマチや変形性関節症による関節の痛みだけでなく、腰痛や神経痛、偏頭痛などの痛みに対しても優れた鎮痛効果を発揮します。
1996年、ペルー共和国大使館およびペルー企業の要請によって「キャッツクローの腰痛、神経痛に対する有用性及び安全性の評価」の臨床試験が、梶本修身(総合医科学研究所)らによって行われた。その結果は『安心』(97年3月号、マキノ出版)誌上で発表された。
試験対象となっだのは、腰痛または神経痛をもつ男性14名、女性6名の合計20名で、年齢の平均は51・5歳である。
変形性脊椎症7名、リウマチ性関節炎3名、脊椎分離症1名、椎間板ヘルニアー名、座骨神経痛6名、脳梗塞後の半身不全麻痺による上腕神経痛1名、その他原因不詳による慢性腰痛症5名だった。
試験は二重盲験法によって行われた。外見は本物のキャッツクローと同様の偽薬(プラセボ)を用意して、被験者と医師の両方に試験品がキャッツクローなのがプラセボなのか知らせずに投与された。
この試験結果からわかることは
9項目の痛みに対して、「叩打痛」を除く8項目でキャッツクローの効果が明らかになったことである。プラセボよりも、キャッツクローのほうが鎮痛効果、痛みの減改善が明らかに高かったのである。キャツツクロウの最終効果として、著明改善(明らかに改善した)および改善は全体の75%を占めたと評価されている。
また、この試験でとくに顕著だったのがキャッツクローの鎮痛効果の即効性である。慢性の腰痛や神経痛が、キャツツクロウの投与4~6週間で改善されたケースが多かったのだ。1ヵ月程度の服用で慢性的な痛みが軽減されたり、消滅した場合には、明らかに即効性があるといっていいだろう。

プロフィール

HN:
moncafe
性別:
非公開